謎の球体に入ってVR体験ができる?!『映画公開記念特別展示 GANTZ:O –驚愕の映像世界への転送体験-』へ行ってきました(ネタバレ注意)

新宿のLUMINE:0(ZERO)で開催されていた『GANTZ:O』の展示イベント
『映画公開記念特別展示 GANTZ:O –驚愕の映像世界への転送体験-』へ行ってきました。

LUMINE:0の入り口には映画『GANTZ:O』のメインポスターと展示イベントのポスターが貼られているのでわかりやすいです。(LUMINE:0の場所さえ分かれば…)

入場料は無料で、VRコンテンツは900円で体験が可能です。

中に入ってみると、Tポーズのキャラモデルがズラーっと並んだウォールがあります。

今回の映画『GANTZ:O』でのラスボスとなる「ぬらりひょん」のモデルもきっちりTポーズで載っています。公開前からこんな豪華な面々を拝めるとは…!

唯一見たこと無いキャラのモデルがありました。「つるべ落とし」という頭だけのキャラクターです。
どうやら映画オリジナルキャラだとか!ますます映画公開が待ち遠しくなりました。

モデルがのってあるウォールの裏には、GANTZ:Oで登場するメカの設定資料とモデルのパネルが展示されています。

左側にはX-Zガンを正面や側面からみれるパネル群があります。

(確か大阪編で初登場した) 「Xショットガン」
Y-GUN
加藤御用達の「Yガン」

そして右側には、登場するメカの設定資料が!

X-GUN 資料
Xガン
ハードスーツ
ハードスーツ(岡八郎が着ていた特殊スーツ)
ガンツバイク
ガンツバイク
X-Shotgun 資料
Xショットガンの設定資料

そしてよく見ると、右下に「映画用の新しい設定」なる項目が…!
Xショットガンには

・連続速射回数: 3回 チャージ時間: ポンプアクションによって再チャージ
・射程距離: 300m

と書かれています。

この設定が映画にどう関わってくるのでしょうか…

メカの資料のあるウォールの反対側には、映画『GANTZ:O』の予告PVと、監督や脚本家の書いた絵コンテが見れるブースがありました。

img_1387

そしてなんと台本も!

台本

展示場の側面にもペン入れした絵コンテがズラーっと並んでありました。
これで無料とは太っ腹すぎではないでしょうか…

img_1397

そしてそして、今回の展示で目玉となっているVRコンテンツ。黒い球体が整然と並べられている様子だけでも圧巻です(VRコンテンツの体験には、別途900円が必要です)。

ブレブレですいません…

鈴木が富豪の工場に行ったときの製造工場での風景を髣髴とさせるような雰囲気…!

工場の場面
GANTZ 26巻より

球体は椅子として機能しており、中にはいってヘッドマウントディスプレイ(今回はGEAR VR)とヘッドフォンを装着して体験します。

ちなみにこの球体、振動モーターが入っており、映像に合わせてすごい音立てながら振動します。これだけで体験の迫力が増幅されました。怖い。

大阪編のあるシーンの中に自分がいるかのようなカメラワークで、加藤の活躍を見ることができます!
周りの人に聞こえるくらい声出してしまうくらいには迫力があります。※個人差あり

体験終了後は、記念にポストカードをランダムで1枚ゲットできます。

ポストカードはVRコンテンツを体験する空間の周囲にサンプルとして貼られており、1枚400円で購入可能です。
4枚買うと5枚目はプレゼントとして無料になります!

さいごに

『映画公開記念特別展示 GANTZ:O –驚愕の映像世界への転送体験-』は、10/23(土)まで開催されております。
無料で一つの映画のメイキングの一部始終を見れる機会はそうないので、映像やCGに興味のある方、そしてなによりGANTZファンの皆様は是非一度足を運んでみはいかがでしょうか。

参考サイト

  • BLOG
  • >
  • lifestyle
  • >
  • 謎の球体に入ってVR体験ができる?!『映画公開記念特別展示 GANTZ:O –驚愕の映像世界への転送体験-』へ行ってきました(ネタバレ注意)