つくる人だらけのイベント「Maker Faire Tokyo 2016」(MFT2016)に初めて行ってきました

8/6, 7の土日にビックサイトで行われていたMaker Faire Tokyo 2016に行ってまいりましたので、個人的におもしろい・すごい・エモいなどと記憶に残っているものをピックアップしてお送ります。

Maker Fairとは?

オライリーが主催するMakerのためのイベントです。
世界各国で行っており、日本では2012年から東京で年に一度開催しているようです。

Maker Faire TokyoはMakerムーブメントのお祭りです。
ユニークな発想と誰でも使えるようになった新しいテクノロジーの力で、皆があっと驚くようなものや、これまでになかった便利なもの、ユニークなものを作り出す「Maker」が集い、展示とデモンストレーションを行います。
多くのブースでは、実際に作品に触れたり、ものを作る体験を行うことも可能です。
開催概要 | Maker Faire Tokyo 2016 | Make: Japanより

展示作品紹介

写真のあるものやリンクの無いものなどがありますがご了承ください…。

全体的にシンセサイザー・楽器など、音声に関連する作品と、ロボット関連が多くあったように思えます。

4096個のLEDで立体ディスプレイ

14人がかりで合計500時間かかったときいて「うわぁ…」と言ってしまいました…。
中国産のLEDが一個7円とかで買えたというのは耳寄りな情報でした。

人見知りでも楽しくコミュニケーションできそう「SmileMachines」

SmileMachines(スマイルマシンズ)

MDFで作った自作のヘルメットにディスプレイを前面につけて顔を表示するデバイスのようです。
表情が豊かで可愛らしかったです。

中の人の顔は拝んでいません。

360度眺めれる水槽ディスプレイ

VRアクアリウム&ロボット水槽

水槽の中に360度カメラを仕込み、中の様子をスマホで見れるというもの。
さらに、Twitterとの連携、水の管理、Deep Learningで魚の写っている写真を選んでTwitterに投稿するなど、SNSとの連携もとっている模様。

水槽ディスプレイの新しい楽しみ方に期待です!

フロッピーとハードディスクで演奏する楽器

機械式矩形波倶楽部 フロッピーとハードディスクで演奏する楽器

HDDxFDD

見た目だけで圧倒的な存在感を放っていたのがこれ。
なんとHDDとFDD(フロッピーディスク)がバンドを組んで音楽を奏でています。

バンドというよりもオーケストラレベルの大量のHDDとFDDには圧巻されました。

マズルショットの光の演出がすごいかっこいい「qougar」

qougar

エアーガンにマズルショットの光の演出を加えれるというパーツです。
YouTubeでの映像を見る限り、弾道が可視化されててすごいかっこいいエフェクトになっています。

扇風機で音をかき鳴らす「扇風琴」

和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」

これは超エモいと思いました。
「古い電化製品を楽器にする」というプロジェクト(?)の一環らしく、他にもブラウン管テレビ、換気扇などの作品がありました。

中でも今回の目玉「扇風琴」は、ギターのような構えで扇風機をからう姿が最高にエモい。
音もちゃんと音階になっていて、演奏もできるというまさに「楽器」と呼べる完成度でした(下にエフェクターたくさんあったのもすごいかっこ良かった)。

扇風機の羽部分に光の反射/非反射部分を交互につけたディスクに取り替え、光センサーで取得したON/OFFの値を音に変換してるらしいです。すごい。

その他面白かったもの

これ大丈夫か…?

踊る野口英世(千円札)。

踊る千円札

動きが最高にエモい魚

なんか飛んでる…

おわかりいただけただろうか

flying fish

最後に

アイデア勝負なもの、技術的センスのあるもの、ネタに突っ走るもの。
ジャンルの幅が広くてとても刺激的&面白い展イベントでした。
来年も楽しみです!

参考文献

  • BLOG
  • >
  • lifestyle
  • >
  • つくる人だらけのイベント「Maker Faire Tokyo 2016」(MFT2016)に初めて行ってきました