無駄に値が張ってしまった机下のケーブル配線を綺麗にするお話

みなさん、机下の配線、綺麗に整理しているでしょうか?

新居に来て1週間足らずの僕は、
全く考えることなく「PCつながればいいでしょ~w」
くらいの気持ちでコードを垂れ流していました。

元の配線

数日経って気づいたのですが、玄関から部屋に入ってすぐ机の下が見える配置だったため、入った瞬間にこの汚い垂れ流し配線が見えていたわけです。

あと、机で作業している時に足を伸ばしたくなるのですが、ケーブルに引っかかって取れそうになることが多々ありました。

「流石にまずい…」と思ったので、ググッて配線の方法を調べながら、実際に整理してみました!

用意したもの

元々4口ケーブルでPC周りのケーブルをつないでいたので、今回は以下の4つを購入しました。

(写真にはカラー結束バンドが写ってますが、予備品です。)

  • 結束バンド(黒): \408
  • ニトリのメッシュDVDラック(黒): \476
  • メッシュパネル(300×900mm, 黒): \753

総額: \1637

使った物リスト

結束バンド

電源等のケーブル類だけでなく、メッシュパネルを机下に固定するために使います。
どうせ今後も使うだろうとのことでとりあえず多めのものを購入。

ニトリのメッシュDVDラック

ニトリで4口タップを置けそうなオーガナイザーっぽい形のものを探した結果、これが一番使えそうだなと思い、購入。
使ってみると幅も大きさもなかなかフィットしていたので良かったです。

メッシュパネル(30×90cm)

机下の配線をまとめるために購入してる人も多いはず。100均で売っているようなものでも大丈夫です。
僕の机の幅が120cmだったので、それに合わせて広めのものを購入しました。

手順

ブツも揃ったので、机下の配線をしていきましょう。

0: 前準備

配線する前には、次のことをしておきました!

  • PC・モニター等電源を切る
  • 整理するケーブルをすべて抜いておく

また、

  • 電源コードとPC接続用ケーブル(HDMI端子・イヤホンジャックなど)を分類しておく
  • 机の裏側に入れるように少し机を動かしておく

と、後々楽に作業が可能です。

1: メッシュパネルを机下に固定する

まずは、母艦となるメッシュパネルを机下に固定します!

僕の机は下に骨組みがあったので、

  1. 机裏側のネジを緩める
  2. 緩めてできた隙間に結束バンドを通す
  3. メッシュパネルを通して、結束バンドを固定する

という手順で固定しました。
こんな感じ。

手順1: 机下にメッシュパネルを固定する

2: DVDボックスをメッシュパネルに固定する

次にDVDボックスを固定します。今回は高さや主電源の位置の関係上、左側に置くことにしました。

これもメッシュパネルと同様に結束バンドで固定します。

3: DVDボックスに電源タップを挿入する

ここまでできたら、電源タップを入れましょう。
入れる場所は、机の外側に近い方に入れると、配線が楽になる気がします。

4: 各種電源をタップに差し込む

その後、モニターやスピーカー、PCなどの電源を差し込んでいきます!

順番は配線のしやすさと差し込み口から抜く回数、コンセント間の干渉などを加味して

  1. PC電源
  2. モニター1
  3. スピーカー
  4. モニター2

という順番にしました。(写真の右側から順番になっています)

4: 各種電源をタップに差し込む

5: メッシュパネルにケーブルを固定する(配線)

ここまできたら、いよいよ配線作業に移ります…!

基本的には、最低限の長さでケーブルをまとめ、結束バンドでメッシュパネルに固定という流れをケーブルの本数分やっていきます。
(まとめるかどうかはPCや電源タップとの距離を考えましょう。)

以下、配線で注意することについて書きます。

配線順番は慎重に

当たり前っちゃ当たり前だけど…。

机下の配線の整理の際、机の上と下でケーブルが絡まっているという状況が発生することがあります。
なので、順番をしっかり決めて配線しましょう。

事前準備で「電源コードとPC接続用ケーブル(HDMI端子・イヤホンジャックなど)を分類しておく」というのは、これを効率よくするためにやっています。
配線の起点・終点位置がモノ→電源タップとモノ→PCに分けるということです。

これによって、先に電源用ケーブル、後にPC接続用ケーブルと配線することで、ある程度配線が絡まらないような配線をできるかと思います。

無駄に長いケーブルはまとめる!

ある程度机上のレイアウトが出来上がっているのであれば、ケーブルの必要な長さもわかるかと思います。
それによって生じたケーブルの余りは、たるんでしまって汚く見えてしまうので、できるだけ巻いてメッシュパネルに固定しちゃいましょう。
また、机の後ろに×型のつなぎがある場合は、それに這わせるor巻くなどしてもいいかもしれません。

6: 完了

そんなこんなで無事整理終わり!

机を壁際まで下げて、PCを動かし、各ケーブルを配線した順番と同順で繋げば配線整理完了!!

配線完了

所感

足元にケーブルが全く無くなったことで、気兼ねなく足が伸ばせるようになりました!
また、部屋に入った直後だと配線がギリギリ見えるか見えないかの場所にまとめることが出来たので、全体的にすっきりとした机周りになったと思います!

ただ一点あるとすれば、電源タップを黒にしたかったですね…。
コード全体は黒だし、結束バンドやボックス・パネルも含めて全部黒だったので、電源タップだけ浮いてるようになった気がします。

まあ机下とか興味ない限り誰も見ないしいいかな!!うん!(本末転倒)

まとめ

今回は、僕が机下の配線をするにあたって買ったものや手順・注意したことについて書きました。
もし机の下が気になりだした方・配線を無心で整理したい方は、試してみてください~!
では。

  • BLOG
  • >
  • lifestyle
  • >
  • 無駄に値が張ってしまった机下のケーブル配線を綺麗にするお話